短絡的な転職はNG

ちりも積もれば山、というように、}PgžxQ
日頃の仕事のちょっとしたストレスが積み重なると取り返しがつかないくらいのレベルに達してしまうこともあります。
しかし、ストレスだけが原因で転職を考えるのは、あまりに早まりすぎです。
職を変える、ということには様々なリスクが伴います。

 
まず、すぐ次の仕事が決まるかというとそういうこともないし、
たとえ決まったとしてもまた違和感を感じ同じことの繰り返し、つまり逃げ癖がついてしまうことも大いに考えられます。
要は、時間の余裕を持つことです。
仕事ばかりにのめり込むのではなく、仕事から距離を置きじっくりと自分を見つめなおす時間を作るのです。
そうすれば今まで見えなかったことが見えてくるはずです。
どうしても職を変更したいときでも同じことがいえます。
職を探す前にまず、自己分析するのです。

 
自分の適性、能力が発揮できるのはどの分野なのか、どういった環境が自分らしくいられるところなのか。
自分の理想がすべてあてはまる職場はなかなかないとは思いますが、
その職に就いて長く成功を収めていくためにも、自分のことを見つめなおす時間の余裕は必要であるといえます。
そう考えていくと、意外と今の職場が理にかなっている、と気づくかもしれませんよ。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:45 PM

心の負担を軽くする方法

結婚するときは誰もが幸せです。大好きなパートナーと共に生きていくことを誓い新しい家庭を2人で築いていきます。

木
ですがその結婚生活を続けることができなくなった場合、離婚を選択する人もいます。
離婚するときは突然離婚するのではなく、事前に準備をする必要があります。
離婚は誰にとってもとても負担がかかるもので、とくに心の負担は大きいものとなります。
一人で抱え込むことはせずに誰かに相談して話を聞いてもらいながら準備を進めることが気持ちを楽にする方法となります。
一人で進めた場合、途中で親身ともに疲れてしまう可能性が高く健康状態も崩してしまう可能性があります。
辛く苦しくなった場合は周りの信頼できる人に相談し話を聞いてもらうことが重要です。
人は一人では生きていけないため、必ず周りの援助が必要となります。

 
また結婚をすることは簡単ですが離婚をするときや離婚をしたあとの生活はとても過酷なものとなります。
そうならないためにも普段から相手のことを大切にし支え合う必要があります。
結婚をする前に相手の性格を見極め一生共に生きていくことができる人だ確信を持てたあとに結婚をするのが一般的です。
離婚をするための準備は結婚をする準備の何倍も疲れること多いです。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:44 PM

妻の離活について

離活とは、ドラマなどから火が付いて広がりを見せている言葉で、離婚するための活動のことです。

 
妻で離婚を望む方や考えている方が増えたため、動き出すための用意である離活で下準備をするのが大切だと思えるようになってきたのが広まりの理由です。用意ができていれば、離婚を切り出す勇気も与えてくれ、動き出す重要性も理解できポピュラーになっています。

 
どうして離活をするのかというと、離婚が成立するときに相手から確実に自分の損害に見合った損害賠償がもらえるように手はずを整えることにあります。下準備は配偶者に悟られずに、着々と進めていくことが必要になります。

牧草地03
離婚したい相手がまじめに結婚生活を行っていない証拠や証明する物を集めてそろえます。相手が不倫などを行っている場合は、調停離婚や裁判離婚のときにうまく離婚が進むように、不倫を公にも認めてもらう証拠が必要となります。探偵に頼んで調べてもらう例が簡単です。

 
離活をする大きな意味は、相手から損害賠償をもらうことで慰謝料が大きな賠償です。夫が愛人と不貞行為である浮気・不倫をした場合、損害を被ったことで貞操義務に違反し、貞操権侵害による精神的な苦痛などから慰謝料を請求ができます。

 

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:43 PM

クレジットカードが家族カードや共有名義の場合

クレジットカードは、クレジット会社に契約を行なった名義者本人しか利用することが出来ないのが原則でもあります。その理由としては、本人の信用状態に応じて発行されるものでもあるため、その本人名義のカードを妻や子供が持ち出して使用することは出来ません。牧草地01

 

 

ただそれでは様々な点で不便や不都合を生じる可能性もあるため、カード会社によっては家族所有を認める会社もあります。特に日常の家事などでは、債務が発生するケースも多いため、それを本人に代わって一時的に負担する必要性も生じたりします。

 

 

また民法の761条においては、日常家事債務が認められており、例えば夫婦が共同して婚姻生活を行なうにあたり、必要となる行為から生じた債務は互いが共同して負担する義務を生じることとなります。電気料金やガス料金の支払い等のケースで、本人名義でもない妻もそれを支払う義務があるとするものです。

 

 

この家族の所有が認められるケースにおいても、最終的な支払いは本人となり、また家族カードの使用は本人の信用状態を基にされる特徴もあります。しかも家族カードでは、本人が利用をチェックできる機能があり、しかも銀行の共有口座の代わりにする上でも便利です。

 

 

なお銀行では、共有口座を発行されないケースが多いのですが、家族カードであれば共有口座の代わりにもなり得ます。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:42 PM

見落としがちな生命保険の受取人

夫婦関係が破綻し離婚をせざるを得なくなる理由とは、個々の夫婦によって違いがあると思われます。法的には配偶者の不倫、悪意による家族の遺棄ほか、いくつかの決まりがありますが、配偶者の借金問題も大きな理由になるのではないでしょうか。

日食
例えば夫が妻に内緒で複数の消費者金融などから借金を重ねていて、多重債務者となり督促が激しくなると、債権者は妻にまで督促の連絡をするようになります。夫婦は共同で家計を維持する義務があるため、夫の作った借金の返済は妻にも影響があるということになります。ただし、これは借金の使い道が家計のためである「日常家事債務」についてのことで、ギャンブルや遊興費のための借入れの場合は、その限りではありません。夫の借金癖が治らず、今後の婚姻関係を継続出来ないと考えた場合は、離婚に至るケースもあるでしょう。

 
このようなケースでは、夫は家族の加入した医療・生命保険などの契約者貸付を利用する場合が多々あります。離婚をする際には貸付けの有無や解約返戻金額についてチェックしましょう。

 
また、離婚する際に見落としがちなのが、保険金の受取人の変更です。保険金の受取人が夫になっている時は、受取人の変更手続きをして保険証書の再発行をしてもらいましょう。”

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:09 PM

親権が欲しいのなら子供との関係を大切に!

子のいる家庭での離婚協議の際に、必ず発生するのが親権問題です。父親も母親も、自分の血を分け合って苦労して産んだ子はかわいいものです。ですから、どちらが子供を引きとって育てるかという問題は、夫婦にとってとても大きいものとなります。

虹
離婚するまでの間、子供との関係を大切にしましょう。父親と母親の間で意見が割れて離婚問題がこじれていった場合に、最終的には子が父親と母親どちらに付いて行きたいかによって、問題を解決することが多いからです。母親なら家事をきちんとこなして、優しいお母さんであるという印象を与えることが大切です。父親なら、経済的な問題と、家事がお母さんと比較してもしっかりできるということをアピールしなければなりません。しかし、子にとってはどちらも大切なお父さんとお母さんです。できれば離婚なんてしてほしくない、というのがいつの時代も子の本音です。ですから、離婚問題に振り回されることになる子の気持ちを汲み取ってあげて、心のケアをしてあげるのが第一です。金銭関係や養育費などの問題だけではなく、子供の気持ちを第一に考えてから、離婚協議を始めるのが親の努めです。子は、より彼らの気持ちを理解してあげた方について行きたいと思うでしょう。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:08 PM

最低限の家事は出来るようにすることのススメ

結婚生活にはさまざまな決まりごとがあります。その決まりごとが、夫婦間だけのルールではなく、法的な事も関わってくることを、知っている方は案外少ないのではないでしょうか。
日常家事債務という言葉を聞いたことがあるでしょうか。生活に必要な、衣食住に関することは、夫婦で連帯して責任を持つことを指します。あくまでも生活上に必要な光熱費ですとか、食費、衣料費、さらに収入に見合った額のレジャーなどにかかる費用を、夫婦で責任を持って支払うことを言います。
つまり生活に必要だと判断されれば、夫婦どちらも、支払いの義務が生じるということになります。
しかし、このことに納得がいかない方もいるかも知れません。なぜなら、家の中のことは、工夫次第でお金がかからないようにできるからです。
夫、または妻の方が、料理が出来ないからと言って、毎日外食や中食を続けていたら、食費が生活上に必要な出費とはいえ、いくらお金があっても足りなくなることは目に見えています。ごく一般の家庭ならそうなって当然です。自分たちで安い食材を買って、工夫して手早く料理すれば、食費も光熱費も本当に必要なだけで済むのです。

冬景色01
ですから家の中の事は、最低限できるようにしておけば、日常にかかる債務は少なく済むのです。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:07 PM

婚姻中に不動産の共有名義を要求された場合

婚姻中の男女間で自分たちの所有している不動産を共有名義にすることは特別不自然なことではありません。婚姻中に手に入れた不動産については夫と妻が協力をして手に入れた財産であるとみなすことができるからです。そのため、離婚をせずに婚姻関係が継続していくのであれば、不動産を二人の共有する財産としていることは特別問題が生じてしまうことはありません。仮に子仁和関係が継続できなく離婚に至った場合であっても、共有の名義をしておくことで相続税が課税されることを防ぐことができます。

 
しかし、何らかの事情で婚姻関係が継続できなくなってしまった場合、共有している財産が原因となってトラブルが生じてしまう可能性が高くなります。

 
自分たちの居住する住宅を購入する場合、一般的には金融機関の住宅ローンを利用して住宅の購入費用を調達する場合がほとんどです。購入する住宅の名義が共有のものであった場合、住宅ローンの返済の義務は夫と妻の双方が等しく負うことになります。そのため、婚姻関係が維持できずに離婚をすることになったとしても、住宅ローンの返済義務はそのまま負い続けなくてはならないのです。どうしても住宅ローンの返済が困難となってしまった場合には、その住宅を売却するか名義を相手のものに変更するしかありません。}PgžxQ

 

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:07 PM

日常家事債務とは

日常家事債務とは日常家事が夫婦と未成熟子の日常の家庭生活を営む上で、通常に必要な事をすることでしてそれで生じる債務を言っています。

 

 

要するに夫婦と子供が生活していくうちに出来た借金や未払いの代金とかを言います。これらの借金や未払いの代金は夫婦の連帯責任として、一方だけの問題として扱わないということです。それで離婚時の財産分与では、これらの借金や未払いの代金はお互いに話し合って分与されます。

 

 

ただ、生活に関係ない債務は当事者の責任として、当事者が払わなければならないということです。例えば夫がギャンブルで借金を作った場合や、妻が高額な買い物をした場合に出来た借金は、夫婦生活を営むのに全く関係が無いわけですから、当事者の責任として当事者が払わなければならないということです。

田舎02

 

しかし夫婦でパチンコをして作った借金は、婚姻中に夫婦が協力して築き上げた財産に該当しますから、夫婦の連帯責任として、どちらの負けが多かったは関係なく財産分与の対象として分与されます。

 

 

つまり日常家事で生じた債務は、夫婦が生活をするのに必要な支払いをして出来た借金だから、夫婦の連帯責任になり、両者の為に出来た借金だから両者が責任を持って払う必要が有るということです。

 

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 2:47 AM