婚姻中に不動産の共有名義を要求された場合

婚姻中の男女間で自分たちの所有している不動産を共有名義にすることは特別不自然なことではありません。婚姻中に手に入れた不動産については夫と妻が協力をして手に入れた財産であるとみなすことができるからです。そのため、離婚をせずに婚姻関係が継続していくのであれば、不動産を二人の共有する財産としていることは特別問題が生じてしまうことはありません。仮に子仁和関係が継続できなく離婚に至った場合であっても、共有の名義をしておくことで相続税が課税されることを防ぐことができます。

 
しかし、何らかの事情で婚姻関係が継続できなくなってしまった場合、共有している財産が原因となってトラブルが生じてしまう可能性が高くなります。

 
自分たちの居住する住宅を購入する場合、一般的には金融機関の住宅ローンを利用して住宅の購入費用を調達する場合がほとんどです。購入する住宅の名義が共有のものであった場合、住宅ローンの返済の義務は夫と妻の双方が等しく負うことになります。そのため、婚姻関係が維持できずに離婚をすることになったとしても、住宅ローンの返済義務はそのまま負い続けなくてはならないのです。どうしても住宅ローンの返済が困難となってしまった場合には、その住宅を売却するか名義を相手のものに変更するしかありません。}PgžxQ

 

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:07 PM