親権が欲しいのなら子供との関係を大切に!

子のいる家庭での離婚協議の際に、必ず発生するのが親権問題です。父親も母親も、自分の血を分け合って苦労して産んだ子はかわいいものです。ですから、どちらが子供を引きとって育てるかという問題は、夫婦にとってとても大きいものとなります。

虹
離婚するまでの間、子供との関係を大切にしましょう。父親と母親の間で意見が割れて離婚問題がこじれていった場合に、最終的には子が父親と母親どちらに付いて行きたいかによって、問題を解決することが多いからです。母親なら家事をきちんとこなして、優しいお母さんであるという印象を与えることが大切です。父親なら、経済的な問題と、家事がお母さんと比較してもしっかりできるということをアピールしなければなりません。しかし、子にとってはどちらも大切なお父さんとお母さんです。できれば離婚なんてしてほしくない、というのがいつの時代も子の本音です。ですから、離婚問題に振り回されることになる子の気持ちを汲み取ってあげて、心のケアをしてあげるのが第一です。金銭関係や養育費などの問題だけではなく、子供の気持ちを第一に考えてから、離婚協議を始めるのが親の努めです。子は、より彼らの気持ちを理解してあげた方について行きたいと思うでしょう。

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:08 PM