見落としがちな生命保険の受取人

夫婦関係が破綻し離婚をせざるを得なくなる理由とは、個々の夫婦によって違いがあると思われます。法的には配偶者の不倫、悪意による家族の遺棄ほか、いくつかの決まりがありますが、配偶者の借金問題も大きな理由になるのではないでしょうか。

日食
例えば夫が妻に内緒で複数の消費者金融などから借金を重ねていて、多重債務者となり督促が激しくなると、債権者は妻にまで督促の連絡をするようになります。夫婦は共同で家計を維持する義務があるため、夫の作った借金の返済は妻にも影響があるということになります。ただし、これは借金の使い道が家計のためである「日常家事債務」についてのことで、ギャンブルや遊興費のための借入れの場合は、その限りではありません。夫の借金癖が治らず、今後の婚姻関係を継続出来ないと考えた場合は、離婚に至るケースもあるでしょう。

 
このようなケースでは、夫は家族の加入した医療・生命保険などの契約者貸付を利用する場合が多々あります。離婚をする際には貸付けの有無や解約返戻金額についてチェックしましょう。

 
また、離婚する際に見落としがちなのが、保険金の受取人の変更です。保険金の受取人が夫になっている時は、受取人の変更手続きをして保険証書の再発行をしてもらいましょう。”

Filed under: 未分類 — りこんじゅんびとせいかつでのちゅうい 10:09 PM